びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は治らないの?

びまん性脱毛症と言う言葉をご存知でしょうか?びまん性脱毛症とは、多くの女性が悩まされている薄毛の事で、女性型脱毛症(FAGA)とも言われていて、男性で言うところのAGA(男性型脱毛症)の事です。男性のAGAの特徴は頭頂部が極端にハゲてきたり、額部分が極端に後退するM字型ハゲが一般的です。それとは逆に女性の場合は一部が極端にハゲるのではなく、髪の毛全体的にボリュームダウンする事が特徴的です。ですから、気づきにくく、手遅れになる可能性も十分にあるのです。

 

びまん性脱毛症の疑い

  • 髪の毛全体のボリュームが減った
  • 分け目が目立つ
  • 髪の毛のコシが無くなってきた
  • 全体的に地肌が目立つ

これらの症状を感じる方は瀰漫性脱毛症の疑いがあります。特に、抜け毛が酷くなったと感じている方は、一刻も早く薄毛専門のクリニックに相談するようにしましょう。最近では、女性専門の薄毛治療クリニックで無料カウンセリングを期間限定で行っている時が稀にあります。そういうカウンセリングを活用して、自分がびまん性脱毛症なのか?ただの老化なのか?薄毛の原因は何なのか?という事を診てもらうと良いでしょう。原因が分かれば改善の余地は十分にあります。ただ、医師に相談もせず勝手な自己判断で市販の育毛剤等を使用する事はとても危険な行為なので控えるようにしてください。最悪の場合薄毛を加速させてしまう事もありますので十分『注意が必要です。ですから、上記のような症状や、抜け毛が増えたと少しでも感じたら薄毛専門のクリニックの無料カウンセリングなどを活用してしっかり向き合うようにしましょう。病気にしても薄毛にしても改善するには、まずは原因を知る事からはじまるのです。

 

びまん性脱毛症の主な原因

加齢による原因

髪の毛の成長に必要なのは女性ホルモンであるエストロゲンです。しかし、エストロゲンは加齢と共に分泌量が低下していきます。特に閉経を迎える頃には急激にホルモンのバランスが乱れてしまうので抜け毛の量が増えます。女性ホルモンの分泌量が減ると、男性ホルモンが優位に立ってくるので脱毛の症状が現れやすくなってきます。女性も男性も抜け毛の原因は男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)にあるのです。この男性ホルモンDHTが抜け毛の原因になるのです。

 

妊娠・出産が原因

妊娠や出産をするとホルモンバランスが崩れてしまいます。そして抜け毛が増えてしまうのですが、こちらに関しては一時的な症状なのでそこまで深刻に悩む事は無いでしょう。妊娠をすると、女性ホルモンの分泌量が急激に増加します。そして出産が終わると女性ホルモンが正常値に戻ろうと急激に減少していきます。この時に正常値を下回ってしまう事があり、そうする事によってエストロゲンが不足して抜け毛が増えてしまうのです。しかし、ある一定期間を経過すると元に戻るのであまり気に病まないようにしましょう。気にしすぎるあまりストレスが溜まって元に戻らなくなる場合もあります。

 

ストレスが原因

びまん性脱毛症はストレスが原因で起こる事もあります。ストレスを感じ始めると交感神経が働き血管を収縮させてしまいます。血管が収縮すると血液の流れが和悪くなるので、髪の毛に十分な栄養分が送られなくなってしまうのです。すると、髪の毛の成長が止まってしまい抜け毛が増えてしまうのです。

 

食生活の乱れが原因

日々の食事でバランスのとれた栄養を摂取する事はとても重要な事です。外食・ファーストフード・お菓子・スウィーツなどが大好きな方は注意が必要です。外食はどうしても脂質や糖分が多く含まれているので栄養が偏ってしまいます。それに添加物もたくさん含んでいますし、野菜を食べなくなってしまいがちです。このように偏った食生活をしていると、栄養不足になり血液の質を低下させてしまい、ドロドロの血液になってしまいます。すると血行不良を起こして、髪の毛に十分な栄養分が届かなくなってしまうのです。そして結果的に抜け毛が増えて髪の毛が抜け落ちてしまう事になるのです。それから、脂質ばかり摂って肥満になる事で皮脂が過剰に分泌して毛穴を詰まらせることもあります。もちろん毛穴が詰まると髪の毛は成長せずに痩せ細って抜け落ちてしまうのです。

 

ダイエットが原因

ダイエットも抜け毛の原因です。特に食事制限などの無理なダイエットは髪の毛に良くありません。なぜなら、栄養不足になってしまうからです。髪の毛の成長には十分な栄養素が必要になってきます。それなのに食事制限などで、栄養不足になってしまうと髪の毛の成長は止まり抜け毛が増えてしまいます。ダイエットをしている方で、髪の毛のコシやハリが無くなってきたと言う方は要注意です。

 

パーマやカラーが原因

若い女性は特にパーマやカラーが大好きです。しかし、それらは強い薬品を用いて行うので、頭皮によくありません。つまり、パーマやカラーは頭皮を傷つけている事になるのです。頭皮に傷が付くと頭皮環境が乱れて、髪の毛が成長しなくなってしまいます。ですから、パーマやカラーは極力しないようにしましょう。それから、毎日のシャンプーの洗い残しなども頭皮を傷めてしまうのでしっかり流すようにしてください。

 

びまん性脱毛症は早めの対策が一番の改善方法

びまん性脱毛症は女性なら誰もがなる可能性があります。ですから、上記で説明したような症状に少しでも心当たりがあると言う方は、早めに薄毛専門のクリニックに相談するようにしてください。びまん性脱毛症は早めに対策する事で必ず『改善する事ができます。ですから、諦める前にまずはクリニックの無料カウンセリングなどを活用して、薄毛の原因を知り、改善するようにしましょう。

 

女性 薄毛