びまん性脱毛症は生活習慣病が原因

びまん性脱毛症は生活習慣病が原因

今最も女性を悩ませている脱毛症がびまん性脱毛症です。瀰漫性脱毛症の主な原因はホルモンバランスの乱れや生活習慣の乱れです。生活習慣病と言う言葉をご存知でしょうか?一昔前で言う「成人病」と言う病気です。例えば「高血圧症・糖尿病・脳血管関連の病気」の事を成人病と呼んでいたのですが、それも生活習慣の乱れからくる病気なので、ある時に分かりやすくする為「生活習慣病」と言う名称に改められました。

 

生活習慣病

生活習慣病は日々の生活習慣である、食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足、喫煙、飲酒、ストレスなどが原因で発症する病気です。これらの生活習慣の乱れがあなたの薄毛を促進させているのです。ですから、まずは日々の生活習慣を改善する事が何よりの育毛ケアになるのです。生活習慣病は髪の毛にももちろんよくないのですが、他の病気を引き起こす恐れがあります。最悪の場合死に至る事もあるので注意が必要です。

 

生活習慣の中でも特に気をつけたいのが食生活と喫煙それからストレスです。食生活は栄養バランスのとれた食事を毎日摂る事が重要で、外食などが多い人は注意が必要です。外食はどうしても脂質の多い食事になってしまいがちなので、肥満になる確率が高いです。肥満になると、皮脂の過剰分泌や、脂肪細胞で血管が圧迫されるので血行不良などの原因になってしまいます。皮脂の過剰分泌は頭皮の毛穴を詰まらせるので髪の毛が成長できなくなり痩せ細って抜け落ちてしまいます。また、血行不良は髪の毛の成長に必要な栄養素が十分に届かなくなるので髪の毛の成長が止まってしまいます。すると自然と髪の毛は抜け落ちてしまうのです。

 

そして、喫煙はビタミンを全て破壊します。日々の食事でせっかくビタミンを摂取していたとしても、タバコ1本吸うだけでビタミンが全て破壊されてしまうのです。つまり、栄養バランスのとれた食事を摂ってもタバコを吸う事によって全て破壊されてしまうので全く意味が無いという事です。健康食品のサプリメントなどで日々の食事だけでは補いきれないビタミンや栄養分を摂取していてもタバコで全てが水の泡です。ですから、薄毛に悩んでいるのなら、まずはタバコを辞める事から始めると良いでしょう。

 

それから、ストレスも注意が必要です。ストレスが溜まると、交感神経が働き血管を収縮させてしまいます。けっかんがb収縮すると血行不良を起こしてしまうので、髪の毛に十分な栄養が届かなくなってしまいます。すると、髪の毛は抜け落ちてしまい、毛周期が乱れて薄毛になっていくのです。

 

このように、さまざまな原因で抜け毛・薄毛は起こってしまいます。ですから、毎日何気なく送っている生活の中に、上記のような内容に心当たりがあると言う方は、少しでも早く改善するように努力しましょう。また、既に抜け毛の状況が酷く薄毛が進行していると言う方は、一刻も早く薄毛専門のクリニックに相談するようにしましょう。瀰漫性脱毛症の主な原因はホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスが一度乱れてしまうと育毛剤を塗ったところで何の意味もありません。それに自分の力で回復する事はほぼ不可能なので、専門のクリニックで治療を受ける必要があります。ですから、まずは薄毛の原因を知る為にも薄毛専門クリニックなどで行われている無料カウンセリングを試して見ましょう。